<   2005年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

フランス旅行~番外編*3~

今回は本のお話。
フランスに行けるって決まってから、
私の頭と生活はフランス一色。
濃いフランスが楽しめるように選ぶ本もフランス関連ばかり。

まずはフランスに行きたい!って思うようになったきっかけの本です。
b0010774_1559446.jpg
『金曜日のパリ/雨宮塔子』
パリっていうとファッション、料理、デザイン等、
何かを勉強しに行くところ。
そう思って敷居が高かったのだけど、
この本でよく使われてるのが”遊学”という言葉。
”それでいいんだ”って気持ちが軽くなりました。

b0010774_16122850.jpgフランスの作家ということで買いました。
コレット自身にも興味があったのです。
『青い麦/コレット』

b0010774_1559401.jpgここによくコメントを下さるqprqprさんのお店で買いました。
”スーパーマーケット””飲み物””ケーキ”などの
テーマに分かれたくさんの写真で構成されていて
とても分かりやすくて可愛い!
フランスには必要なページをカラーコピーして持って行きました。
カフェで注文する時はかなり役にたってくれました。


パリに行くテンションをあげるのと、知識を増やすために読んだ本たちです。
みんなパリで大切にするところのポイントや視点がちょっと違ってておもしろかった。

b0010774_15595897.jpg
『とにかく行ってみた、パリ/ル・サンク・ココット』
この人の選ぶ雑貨はとにかく好みでした。


b0010774_1601948.jpg
『パリの友達/やまだないと』
写真と漫画が不思議な雰囲気を出してました。
こんな風にパリで暮らせたらいいのに。
パリに着いたら早速地図を買いました。
b0010774_1604977.gif
『映画で歩くパリ/鈴木布美子』
特にこの本にあった『ディーバ』という映画が好きになり、
怪しげだったリシャール・ボーランジェにはまってます。
主人公が原付でMETROの階段を下りる風景は、
今もその時のままで感動しました。
b0010774_161058.gif
『パリ 旅の雑学ノート/玉村豊男』
飄々として適度な距離感をもった考察がステキです。


そしてそして。
b0010774_1611298.jpg
この中のリーダーとして
旅の間私とずっと付き合ってくれた愛すべき一冊。
パリに行く人にはオススメ。
詳しく誠実に書いてあります。
『パリノルール』ブログも毎日見てます。

b0010774_1612526.jpg
帰国後、買った本です。
『ソニア・リキエルのパリ散歩/ソニア・リキエル』
この人のものの見方、感じ方が一番好きです。
発想力と審美眼には感服してしまいます。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-27 16:28 | 旅の記録

フランス旅行~番外編*2~

蚤の市で買ったキーホルダーです。
ちょっと見えにくいですが(~_~;)
b0010774_2181174.jpg
フランスのキーホルダーはとってもCUTEです。
全部で5種類購入しました。
もっと買えばよかったかなぁ(^v^)
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-24 21:11 | 旅の記録

フランス旅行~番外編*1~

フランスには携帯電話を持っていきました。
1人はやっぱり不安だったので。

でもバタバタしてて番号を教えたのは、結局旦那サマと友達一人だけ。
b0010774_22533118.jpg
写真はモンマルトルの街の風景のポストカードです。
アメリの舞台になったカフェ近くで、
そのお友達から電話がかかってきたのです。
電話をとった時の風景にあまりに似ていたので、
土産店で買いました。



いつかそのお友達と一緒にフランスに行きたいなと思ってます。
これはわたしの夢の一つ。
いつも会社の机の見えるところに飾っててその日が来るのを待ってます。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-23 22:55 | 旅の記録

フランス旅行 二日目

今回の旅行で一番観光らしい観光をした日でした。
午前中にバスで有名どころを回り、午後はフリー。

みんなとの集合時間までに時間があったのでホテル周辺の散策。
b0010774_21335294.jpg
最寄りのMETROを確認して歩いていると、近くに保育園が。
窓から覗いていると、こんなに可愛いBabyが近づいてきてくれました。b0010774_213548.jpg



午前中は、
・コンコルド広場
・シャンゼリゼ通り
・凱旋門
・ノートルダム寺院
を回りました。

b0010774_21542858.jpg車窓から見たルーブル。
その大きさに圧巻でした。
4日目に行くのが楽しみです。
b0010774_21544260.jpg凱旋門
無名の戦士(戦争で亡くなった全ての人)を痛む火が灯されていました。
思ったより大きくて写真に納まってませんが、
裏側の柱にも彫刻が施されてあって丁寧な感じがしました。
b0010774_21584467.jpgコンコルド広場から見たエッフェル塔です。
エッフェル塔の写真はいっぱい撮りましたが、
パリの国旗が重なったパリらしい一枚。お気に入りです。



オペラ座周辺で解散して、
同じく一人旅で意気投合した橋本さんと
プランタンの『カフェ flo』でランチ。
b0010774_22133963.jpg
ここの天井のステンドガラスは本当に美しかったです。
隣の席に老夫婦が座っていたのですが、
私たちに向かって『ボンジュール』と心地いい笑顔で挨拶してくれました。
本当に優雅なヒトトキ。。。



パリの街を歩いていて出逢ったパリの風景。

b0010774_22161598.jpgごみ箱です。シンプルで機能的。中身が見えて安全だし、収集して回る人もきっと楽チン。
『こういうやり方もあったのね』と素直に感動。


b0010774_22163497.jpgシャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトンは
ただいま工事中。
工事の様子はあまり美しくありません。
だからお馴染みモノグラムで隠しちゃいます。


b0010774_22164551.jpg堂々としてるのはシャンゼリゼ通りから少し入ったところにあった”Cartier"です。
日本では、こういうのは”かに道楽”くらいしか知らないなぁ。
風格充分です。



バレエグッズが充実している、『レペット』で欲しかった靴を購入し、春の準備。
それから今回の旅の参考資料だった、
プチココさんの『とにかく行ってみた、パリ』に載っていた、ミルクジャムの店。
Le Comptoir du Terroir』へ。
TABACでお土産のタバコを購入したりしながら(店員さんが超cuteでした)
テクテクと。
ようやく到着して現れたのは、黒いシャツに黒いズボン。
そして白髪のロンゲといういでたちのダンディーなムッシュ。
店内に私とダンディームッシュだけという状況に緊張していると、
『どこから来たの?このミルクジャムは品切れだったけど昨日入ってきたんだ。
君はラッキーだ』とダンディームッシュはすごく親切に説明してくれました。
2人しかいないのをラッキーとしてしばらくダンディームッシュとおしゃべり。
最後に『君は一人で来たの?』と聞かれ『Oui』というとナゼか堅い握手とウィンクされました。
最後までダンディーで優しいムッシュに再会を誓ってお店を後にしました。
このミルクジャムは毎日の食卓に欠かせない存在です。

b0010774_22591336.jpgパレ・ロワイヤルでしばらくボーっとして、バスでホテルに帰りました。


b0010774_225927.jpgバスから見るパリの夜景は本当に綺麗。
ポンヌフを通る時に『ポンヌフの恋人』で
アレックスとミシェルが花火を手に走っていた残像を見た気がしました。
昼間に見たエッフェル塔も夜の顔に変わりつつあります。


ホテルからの夜景です。
b0010774_22593112.jpg
おやすみなさい。
3日目は『モン・サン・ミシェル』に行く予定です。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-22 23:08 | 旅の記録