カテゴリ:旅の記録( 18 )

トロント旅行 1日目

イースター休暇を利用して2泊3日のトロント~ナイアガラ旅行へ。

ホテルの部屋からの眺めはこんな感じ。
古い建物と新しいビル群が同じ空間に並んでます。
トロントのパワーを感じました。
b0010774_22393386.jpg

ホテルの近くの公園にはリスがいました。
NEW YORKで見たのと違ってたくましい黒リスでした。種類が違うのかな。
b0010774_2211186.jpg

リスは活発だったけど、その近くでは鳩が寒そうに丸まってました。
この日の気温はマイナス2度くらい。本当に寒かった!
b0010774_224142.jpg


到着後、早速ランチに「Spring rolls」という中華のカフェレストランへ。
ここはトロントに行ったことのある人にオススメしてもらったお店で、
トロントに多数あるチェーン店です。
b0010774_22174496.jpg


私が選んだのは以下の2つ。
b0010774_22182976.jpg

b0010774_22184688.jpg












この飲み物の名前は「GO GO!Ice tea」名前が素敵です。
味はパッションフルーツが入っててほんのり甘くて美味しい。
もちろん海鮮風うどんもミシガンでは食べられない、凝った味で美味でした。
そして、このお店で私のテーブルについてくれた店員さんが、
ものすっごく可愛かった!!私の人生No.1です。しかも男性。
多分ゲイの男性だと思うけど表情も仕草も超CUTE♪
私が男だったら惚れてます。

それからイートンセンターへ。
ここは色んなお店が入ってる大型のショッピングセンターですが、
この日はほとんどのお店がお休みで閑散。
(後で知ったのですが、イースターの金曜日はお休みなのだそうです)
b0010774_22234160.jpg


イートンに限らずほとんどのお店がお休みで
極寒の中で放浪する私たちの目に飛び込んできた、
救いの場所「Second cup」
b0010774_22361958.jpg


トロントではスタバの比でないほどたくさんあるカフェです。
ここのコーヒーは甘くって美味しい。
フレンチレモンタルトとアップルケーキも頼んだけど、
アメリカのケーキにありがちな、こってり甘さもなく
ちょうどいい甘さのケーキ!との久々の再会に興奮!!
店員さんもとても感じがよくて、私の拙い英語にゆったり付き合ってくれました。
本当にオアシスのような場所でした。

寒いし、お店も、地下道も閉まってるので、
今日はドライブにしよう!と郊外まででかけました。
美味しいステーキとパンで夕飯を済ませ、
グルグルしてると巨大な建物が!
その名も「COLOSSUS」という映画館です。
b0010774_22475497.jpg

たくさん映画を上映してるらしく、たくさんの車が停まってました。
宇宙船のような形をしたこのビルを取り囲んでる様子が、
UFO襲来みたいで面白かった。

それから街中に戻ってCNタワーとビル群の夜景。
b0010774_22472433.jpg
b0010774_22473819.jpg











この日は早めに就寝しました。
明日はお店が開いてるといいな。
b0010774_22465496.jpg

[PR]
by chaque_jour_bravo | 2007-04-11 23:08 | 旅の記録

東京旅行 2月6日

6日はまず、上野の科学博物館に行きました。
愛地球博にも出展されていた、シアター360でどうやって地球が出来てきたのか、
マグマの動き等を360度の角度で疑似体験できて感動でした。

あと博物館中に展示されている剥製の一群は見ごたえありでした。
b0010774_0264765.jpg

木の中の生物を一覧にしたものとか、
化石とか、見て歩くのはわくわくして楽しかったです。

それから噴水を見たり、西洋美術館の『考える人』を見たりしながら、
お昼ごはんを食べに、日本橋の『たいめいけん』へ。
名物オムライスとコールスローを満喫しました。
ご飯に味がしっかりついてて、卵がふんわり甘くて本当に美味しかったです。
b0010774_0284429.jpg


メゾンカイザーで明日の朝のパンを買って、

庭園美術館へ移動。
b0010774_0293127.jpg


企画展の「アルフレッド・フォリス展」もほのぼのしててよかったけど、
建物自体がきれいで感動でした。
平日だったので人も少なくてお庭でひと時のんびり。

それから、食べものに関する本を取り扱っている、『SUS』へ。
b0010774_031504.jpg

いつも行く旅の本『BOOK 246』の食べ物版です。
ここでは、いがらしろみさんのジャムの本を購入しました。

それから大好きな『青山ブックストアー』に行き、
友達とお寿司を食べて帰りました。

一日ずーっと動き続けてたので帰ったらぐったりだったけど、
楽しかった!
b0010774_040229.jpg

[PR]
by chaque_jour_bravo | 2007-02-13 00:44 | 旅の記録

東京旅行 2月5日


久々(約1年ぶり?)の更新です。
2月5日から2月9日まで、東京へ遊びに行きました。

上空から
b0010774_20581071.jpg

雲の流れがありありとしててきれいでした。
下で見てる人にはどんな風に見えてるのだろうって考えながら
これから始まるイベントの毎日を心待ちにしながら、パシリ。

そして東京はもう梅が咲いていて、
b0010774_210254.jpg

何気ない道でひっそり春の訪れを知らせてました。

今回の宿泊先の友達の家の前で。
鍵をつけてたまぐろのお寿司キーホルダーと一緒にパチリ。
b0010774_2105679.jpg

このキーホルダーは友達の旦那さんが大事にしてるものだそうです。
誰かの思いや記憶のこもったものと、今ここにある景色。

この日は夜到着したので、友達と合流して、
近所のピザ屋さん、
PIZZA SALVATORE」 へ。

美味しい料理と久々の友達との会話でなんとも贅沢な時間でした。
一緒に食事する人がいるって幸せだなぁと最近よく思うのだけど、
私がしたいと思うことに付き合ってくれて一緒に楽しめる人がいるって
やっぱりとても幸せな事なんだなぁ。

東京は、電車の乗り降りする人の動きも激しかったり、
みんなどこかへ目的があって動いてるような、
なんとなくせわしい街だったけど
生活を、人生を、そして自分のやりたいことを充実させる活気にあふれた街でした。

そして私はそういうところがすごく好きみたいです。
次の日からの事は徐々にアップしていこうかと思います。
b0010774_21363864.jpg

[PR]
by chaque_jour_bravo | 2007-02-11 21:19 | 旅の記録

台湾旅行 2006年4月27日

4月27日~30日。台湾の友達の家に遊びに行きました。
”私によく似てる”と会社の友達に紹介してもらった友達で、
彼女の旦那さん(太郎さん)の転職に伴って台湾に移ったのです。

私の夫と太郎さんは日本で仕事を一緒にしてたので、
ダブルデートみたいな感じですごく楽しめました。
3泊もお世話になると最後の方はもはや共同生活を送ってるみたいで、
別れるのがすごく寂しくて、帰りの飛行機で泣きそうになりました。

台湾は、人が信心深くて暖かく、街や空気に勢いがあって、
食べ物が日本人好みで美味しくて、初めてなのに懐かしい感じの国でした。
『台湾の何がよかった?』と帰ってから人によく聞かれるのだけど、
『○○の景色はよかったよ』とか『○○が美味しかったよ』と言うより、
私は友達夫妻と、朝市に行ったり、
台湾のファミレスで台湾の人と同じような物を食べたり、
夜市で食べ歩きしたり、朝食用にスーパーでフルーツをたくさん買ったり。
台湾の日常を味わえた事がとてもとても楽しかったです。



4月27日

広島空港からは台湾への直行便が出てるので、車で飛行場へ行き、そのまま手続き。
今まで海外旅行=関空から出発って意識が強かったので、
朝は早かったけど気持ち的には楽々!台湾近いぞ!やるな!と実感。

ところで今回の旅行には1600のフィルムを持っていきました。
1600+HOLGAでどこまでとれるか実験です。
もちろん、デジカメも持って。これで完璧。

朝が早かったので飛行機の中でぐっすり眠り、2時間半なんて本当にあっという間。
台湾の空港に着くと、なんだか湿気を帯びた独特の匂い。
『やったー台湾だぁ』と海外に来た実感がわいて大興奮。
空港で待ち合わせた友達の姿を見て、すっかり安心して
”旅を楽しむぞ!”と眠気眼にも意気揚々でした。

空港からはバスに乗って家まで移動です。所要時間1時間弱。
バスの中では陽気なバス運転手と
役割のよく分からないおじさんが楽しく会話してました。
あのおじさんは話し相手要員?台湾の1つ目の謎です。

そしてドアには『鳥はお断り』のステッカーが。
鳥インフルエンザ予防です。ここにも台湾らしさ発見。

b0010774_164226.jpg


家でトランクを置いて、
(家はめちゃ広!私達夫婦専用のお風呂まであったのにはびっくり)
早速、夫のたっての要望だった『小籠包』を食べに「鼎泰豐(ティンタイホン)」へ。

これが、ばりウマでした。

b0010774_1212751.jpg


口の中に入れて噛んだ瞬間、肉汁というか出汁がジュワーと出てきて、
薄いけどちゃんともっちもちの皮とあっさりだけどコクがちゃんとある具とを、
いっぺんに食べると色んな食感と味が合わさって感激の味でした。
あんなに薄い皮にあれだけの出汁を入れて破けないなんてすごいワザですティンタイホン。
あとは、餃子と蟹味噌の小籠包、麺を食べて終了。
この後にマンゴーのカキ氷(これも台湾名物)を食べる予定なので、
お腹の余裕はまだまだ残しておきました。
でも幾らでも食べれる美味しさ!台湾に行く人はいってみて欲しいです。


これがマンゴーカキ氷、そしてさつま芋のカキ氷。
12元(1元=3.6円くらい)でおどろきのでかさと旨さです。
b0010774_21195053.jpgb0010774_21195964.jpg








ミルクがかかっていて、果物自体もとっても甘くて美味しくて。
カレー皿くらいあるこの大きさで400円余り。
大満足♪

次に続く。。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2006-05-09 01:07 | 旅の記録

宮島に行きました。

新しく買ったデジカメをぶらさげて宮島へ。
”神の国”といわれる所以が分かるような空気。景色。



b0010774_22303534.jpg
b0010774_22304933.jpg
b0010774_22305951.jpg
b0010774_22312447.jpg
b0010774_22313434.jpg

[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-11-21 22:32 | 旅の記録

四国へ

b0010774_0403659.jpg
四国の『猪熊弦一郎美術館』へ。
すごい綺麗な美術館。



b0010774_0412359.jpg
猪熊さんの色使い、
優しい筆あしらい。
本当に好みだ~。



企画展として開催されていたのは、
『谷口吉生展』

あの新生MOMAの建築家です!!

猪熊美術館も谷口さんの作品らしく。
本当にセンスがいい。

日本人が世界のMOMAのデザインを担当するなんて誇らしい気持ちがしました。

ワークショップも度々あるそう。
また行きたいなぁ~。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-07-19 00:43 | 旅の記録

フランス旅行~番外編*3~

今回は本のお話。
フランスに行けるって決まってから、
私の頭と生活はフランス一色。
濃いフランスが楽しめるように選ぶ本もフランス関連ばかり。

まずはフランスに行きたい!って思うようになったきっかけの本です。
b0010774_1559446.jpg
『金曜日のパリ/雨宮塔子』
パリっていうとファッション、料理、デザイン等、
何かを勉強しに行くところ。
そう思って敷居が高かったのだけど、
この本でよく使われてるのが”遊学”という言葉。
”それでいいんだ”って気持ちが軽くなりました。

b0010774_16122850.jpgフランスの作家ということで買いました。
コレット自身にも興味があったのです。
『青い麦/コレット』

b0010774_1559401.jpgここによくコメントを下さるqprqprさんのお店で買いました。
”スーパーマーケット””飲み物””ケーキ”などの
テーマに分かれたくさんの写真で構成されていて
とても分かりやすくて可愛い!
フランスには必要なページをカラーコピーして持って行きました。
カフェで注文する時はかなり役にたってくれました。


パリに行くテンションをあげるのと、知識を増やすために読んだ本たちです。
みんなパリで大切にするところのポイントや視点がちょっと違ってておもしろかった。

b0010774_15595897.jpg
『とにかく行ってみた、パリ/ル・サンク・ココット』
この人の選ぶ雑貨はとにかく好みでした。


b0010774_1601948.jpg
『パリの友達/やまだないと』
写真と漫画が不思議な雰囲気を出してました。
こんな風にパリで暮らせたらいいのに。
パリに着いたら早速地図を買いました。
b0010774_1604977.gif
『映画で歩くパリ/鈴木布美子』
特にこの本にあった『ディーバ』という映画が好きになり、
怪しげだったリシャール・ボーランジェにはまってます。
主人公が原付でMETROの階段を下りる風景は、
今もその時のままで感動しました。
b0010774_161058.gif
『パリ 旅の雑学ノート/玉村豊男』
飄々として適度な距離感をもった考察がステキです。


そしてそして。
b0010774_1611298.jpg
この中のリーダーとして
旅の間私とずっと付き合ってくれた愛すべき一冊。
パリに行く人にはオススメ。
詳しく誠実に書いてあります。
『パリノルール』ブログも毎日見てます。

b0010774_1612526.jpg
帰国後、買った本です。
『ソニア・リキエルのパリ散歩/ソニア・リキエル』
この人のものの見方、感じ方が一番好きです。
発想力と審美眼には感服してしまいます。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-27 16:28 | 旅の記録

フランス旅行~番外編*2~

蚤の市で買ったキーホルダーです。
ちょっと見えにくいですが(~_~;)
b0010774_2181174.jpg
フランスのキーホルダーはとってもCUTEです。
全部で5種類購入しました。
もっと買えばよかったかなぁ(^v^)
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-24 21:11 | 旅の記録

フランス旅行~番外編*1~

フランスには携帯電話を持っていきました。
1人はやっぱり不安だったので。

でもバタバタしてて番号を教えたのは、結局旦那サマと友達一人だけ。
b0010774_22533118.jpg
写真はモンマルトルの街の風景のポストカードです。
アメリの舞台になったカフェ近くで、
そのお友達から電話がかかってきたのです。
電話をとった時の風景にあまりに似ていたので、
土産店で買いました。



いつかそのお友達と一緒にフランスに行きたいなと思ってます。
これはわたしの夢の一つ。
いつも会社の机の見えるところに飾っててその日が来るのを待ってます。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-23 22:55 | 旅の記録

フランス旅行 二日目

今回の旅行で一番観光らしい観光をした日でした。
午前中にバスで有名どころを回り、午後はフリー。

みんなとの集合時間までに時間があったのでホテル周辺の散策。
b0010774_21335294.jpg
最寄りのMETROを確認して歩いていると、近くに保育園が。
窓から覗いていると、こんなに可愛いBabyが近づいてきてくれました。b0010774_213548.jpg



午前中は、
・コンコルド広場
・シャンゼリゼ通り
・凱旋門
・ノートルダム寺院
を回りました。

b0010774_21542858.jpg車窓から見たルーブル。
その大きさに圧巻でした。
4日目に行くのが楽しみです。
b0010774_21544260.jpg凱旋門
無名の戦士(戦争で亡くなった全ての人)を痛む火が灯されていました。
思ったより大きくて写真に納まってませんが、
裏側の柱にも彫刻が施されてあって丁寧な感じがしました。
b0010774_21584467.jpgコンコルド広場から見たエッフェル塔です。
エッフェル塔の写真はいっぱい撮りましたが、
パリの国旗が重なったパリらしい一枚。お気に入りです。



オペラ座周辺で解散して、
同じく一人旅で意気投合した橋本さんと
プランタンの『カフェ flo』でランチ。
b0010774_22133963.jpg
ここの天井のステンドガラスは本当に美しかったです。
隣の席に老夫婦が座っていたのですが、
私たちに向かって『ボンジュール』と心地いい笑顔で挨拶してくれました。
本当に優雅なヒトトキ。。。



パリの街を歩いていて出逢ったパリの風景。

b0010774_22161598.jpgごみ箱です。シンプルで機能的。中身が見えて安全だし、収集して回る人もきっと楽チン。
『こういうやり方もあったのね』と素直に感動。


b0010774_22163497.jpgシャンゼリゼ通りにあるルイ・ヴィトンは
ただいま工事中。
工事の様子はあまり美しくありません。
だからお馴染みモノグラムで隠しちゃいます。


b0010774_22164551.jpg堂々としてるのはシャンゼリゼ通りから少し入ったところにあった”Cartier"です。
日本では、こういうのは”かに道楽”くらいしか知らないなぁ。
風格充分です。



バレエグッズが充実している、『レペット』で欲しかった靴を購入し、春の準備。
それから今回の旅の参考資料だった、
プチココさんの『とにかく行ってみた、パリ』に載っていた、ミルクジャムの店。
Le Comptoir du Terroir』へ。
TABACでお土産のタバコを購入したりしながら(店員さんが超cuteでした)
テクテクと。
ようやく到着して現れたのは、黒いシャツに黒いズボン。
そして白髪のロンゲといういでたちのダンディーなムッシュ。
店内に私とダンディームッシュだけという状況に緊張していると、
『どこから来たの?このミルクジャムは品切れだったけど昨日入ってきたんだ。
君はラッキーだ』とダンディームッシュはすごく親切に説明してくれました。
2人しかいないのをラッキーとしてしばらくダンディームッシュとおしゃべり。
最後に『君は一人で来たの?』と聞かれ『Oui』というとナゼか堅い握手とウィンクされました。
最後までダンディーで優しいムッシュに再会を誓ってお店を後にしました。
このミルクジャムは毎日の食卓に欠かせない存在です。

b0010774_22591336.jpgパレ・ロワイヤルでしばらくボーっとして、バスでホテルに帰りました。


b0010774_225927.jpgバスから見るパリの夜景は本当に綺麗。
ポンヌフを通る時に『ポンヌフの恋人』で
アレックスとミシェルが花火を手に走っていた残像を見た気がしました。
昼間に見たエッフェル塔も夜の顔に変わりつつあります。


ホテルからの夜景です。
b0010774_22593112.jpg
おやすみなさい。
3日目は『モン・サン・ミシェル』に行く予定です。
[PR]
by chaque_jour_bravo | 2005-03-22 23:08 | 旅の記録