トロント旅行 1日目

イースター休暇を利用して2泊3日のトロント~ナイアガラ旅行へ。

ホテルの部屋からの眺めはこんな感じ。
古い建物と新しいビル群が同じ空間に並んでます。
トロントのパワーを感じました。
b0010774_22393386.jpg

ホテルの近くの公園にはリスがいました。
NEW YORKで見たのと違ってたくましい黒リスでした。種類が違うのかな。
b0010774_2211186.jpg

リスは活発だったけど、その近くでは鳩が寒そうに丸まってました。
この日の気温はマイナス2度くらい。本当に寒かった!
b0010774_224142.jpg


到着後、早速ランチに「Spring rolls」という中華のカフェレストランへ。
ここはトロントに行ったことのある人にオススメしてもらったお店で、
トロントに多数あるチェーン店です。
b0010774_22174496.jpg


私が選んだのは以下の2つ。
b0010774_22182976.jpg

b0010774_22184688.jpg












この飲み物の名前は「GO GO!Ice tea」名前が素敵です。
味はパッションフルーツが入っててほんのり甘くて美味しい。
もちろん海鮮風うどんもミシガンでは食べられない、凝った味で美味でした。
そして、このお店で私のテーブルについてくれた店員さんが、
ものすっごく可愛かった!!私の人生No.1です。しかも男性。
多分ゲイの男性だと思うけど表情も仕草も超CUTE♪
私が男だったら惚れてます。

それからイートンセンターへ。
ここは色んなお店が入ってる大型のショッピングセンターですが、
この日はほとんどのお店がお休みで閑散。
(後で知ったのですが、イースターの金曜日はお休みなのだそうです)
b0010774_22234160.jpg


イートンに限らずほとんどのお店がお休みで
極寒の中で放浪する私たちの目に飛び込んできた、
救いの場所「Second cup」
b0010774_22361958.jpg


トロントではスタバの比でないほどたくさんあるカフェです。
ここのコーヒーは甘くって美味しい。
フレンチレモンタルトとアップルケーキも頼んだけど、
アメリカのケーキにありがちな、こってり甘さもなく
ちょうどいい甘さのケーキ!との久々の再会に興奮!!
店員さんもとても感じがよくて、私の拙い英語にゆったり付き合ってくれました。
本当にオアシスのような場所でした。

寒いし、お店も、地下道も閉まってるので、
今日はドライブにしよう!と郊外まででかけました。
美味しいステーキとパンで夕飯を済ませ、
グルグルしてると巨大な建物が!
その名も「COLOSSUS」という映画館です。
b0010774_22475497.jpg

たくさん映画を上映してるらしく、たくさんの車が停まってました。
宇宙船のような形をしたこのビルを取り囲んでる様子が、
UFO襲来みたいで面白かった。

それから街中に戻ってCNタワーとビル群の夜景。
b0010774_22472433.jpg
b0010774_22473819.jpg











この日は早めに就寝しました。
明日はお店が開いてるといいな。
b0010774_22465496.jpg

[PR]
# by chaque_jour_bravo | 2007-04-11 23:08 | 旅の記録

褒めてもらうこと


今日、家のリビングの掃除をめちゃ頑張りました。
全カーペットなのでしっかり掃除機をかけて、
濡れ布巾で拭き掃除も。

自分的には大満足で、夫の帰りを待ちました。
掃除機を丸くかけるタイプの私と違って、
ちゃーんとモノをどかして隅々までかけるタイプの彼なら、
きっと違いに気づいてくれるだろうと。

ところが、全く気づかれず。だったんです。

思ってみれば私も母の主婦業に関して注目してなかったというか
家はきれいで当たり前だと思ってたなーと反省。
日々の生活の細々したことをやってくれる人がいるからこそ、
のんびり自分の時間が持てたり、生活できたんだと感じました。

仕事をしてる時は、給料だったり周囲の人の労いの言葉だったりの、
何らかの見返りがあって、自己肯定されてる感じがもてたけど、
主婦業ってきっちりと「なってて当たり前」の期待から始る分、
自分次第な部分が本当に大きくて。人間性が出る気がしました。
人に褒められて伸びるタイプの私には何か策が必要なようです。
[PR]
# by chaque_jour_bravo | 2007-04-04 14:49 | 日々のこと

IKEA ~アームチェア~

アメリカ生活は期限付き、3年の予定なので役に立ってくれてるお店、IKEA。
安くてデザインが優れてる!
日本にも関東に2店舗できてるけど、私の住む近くの街CANTONにも大きなお店があります。

我が家の家具はほとんどそこで揃えてるのですが、
今一番のお気に入りがこのアームチェア。

b0010774_13253178.jpg


お値段はなんと一万円を切る安さ。
その割りに木がいい具合にしなって体にフィットしてくれます。

しかもこのアームチェアのデザイナーは、日本人の
なかむら のぼるさん。
IKEA専属のデザイナーさんだそうです。
国籍関係なく優れたデザイナーを抱えるIKEAの懐の深さを見た気分です。

日本では、ブラック/ダークブラウンを選ぶことが多かったのですが、
今のアメリカの家は部屋毎の壁紙の色が違っててとってもカラフルなので、
生成色を選ぶことが多くなりました。
椅子とかの大物の色が白系だと、他の小物や絵を探すポイントが変わってきてて面白いです。
[PR]
# by chaque_jour_bravo | 2007-04-03 13:31 | 好きなもの

子供の社交性

今日は謎のカーニバルを見ました。
そこで気になったのは、子供の反応です。
それこそ天真爛漫。
自由に叫んだり、笑ったり、パレードをしてる人に話しかけたり、
話しかけられても動じずに普通に返してたり。
日本の子供はそれができるかなぁ。できないよなぁと。
というか私も無理だなぁと。

考えてみるとアメリカでは買い物の前には、
『Hey!』『How are you?』、
買い物の後には
『Have a good day!』『You too!』と声を掛け合うのは当たり前。

”声をかける”という行為を知ってる人知らない人に関わらず、
ごく自然に行っているんです。
そういう環境で育った子供が大人になり、
その大人がまた子供と接していくことで人とコミュニケーションをとるのが
上手になっていくのだなぁと感じました。

例えばエレベーターの中とか日本でも自然に声を掛け合えれば、
あんな唾を飲み込むのも気をつかう不自然な静けさを味あわなくてすみそうなのに
(私はあれがどうも苦手なので)

アメリカの人は本当に子供を大切にしてるのだけど、
だからと言って子供はわがままになる事なくTPOをわきまえて行動してるように思えるし、
アメリカ流子育てのポイントにこれから注目してみようと思います。
[PR]
# by chaque_jour_bravo | 2007-04-02 13:20 | 日々のこと

ゲームな感じ

アメリカに来て当分運転もできず暇だろうと買った
『龍が如く』も今日クリアしました。
おおむね3日間のやくざ生活も終了。
喧嘩にあけくれ、肩で風を切る日々にもおさらばです。

さて、運転もできるようになったし、
”よーっし、まずは○○さんオススメのサンドイッチを買いに行ってみよう”と思って
ふと思いつきました。
私の今の生活は、そのままゲームみたいです。
人の情報で動いて、色んな知識や経験を重ね、レベルアップしてく感じ。

たぶん日本での生活もそういうゲーム的要素があったんだろうけど、
レベルが随分上がってたというかゴールが見つからずにぐるぐる狭い世界を
廻ってたという感じだったのかもしれないなぁと。
今は全てが初めてで自分が成長できる感じが掴める、そういう所は
本当に生活のやりがいがあって、今までにない楽しみを感じてます。

ここでパワーアップして、日本に帰ったときに
違う世界の旅からスタートしなおせるように頑張りたいと思います。
[PR]
# by chaque_jour_bravo | 2007-04-01 14:10 | 日々のこと